外壁の劣化。その原因を考えたとき、太陽光や空気中に舞う汚れ、ホコリ、車の排気ガス、その他雨風などのイメージが湧くかと思います。

 

でも、それだけではありません。致命的に外壁と屋根を痛める大きな要素となるのが「カビ」「雑菌」です。

これらカビや雑菌はパッとみても汚れとして見逃してしまうケースが多く、長年カビが生えている状態でいたがために外壁や屋根の塗装が剥げ、建材に致命的なダメージを与えてしまうことが多々あります。

 

更に怖いのが健康面への影響です。カビや雑菌が室内に侵入し、喘息や呼吸器疾患の原因となってしまうことがあります。特に、小さなお子様やご高齢の方がいらっしゃるお住いの場合、気になりますよね。

多くの塗装業者が防カビ塗料を扱っていますが、その塗料メーカー、商品によって対応できるカビの数が決まっています。まずはそちらからみていきましょう。

 

 

JISが規定するカビの種類は13つ

 

 

さて、一般的な家庭で発生するとされているカビや雑菌の種類は62とされています。結構多いですよね。高温多湿な気候にある日本では、やはりカビや菌が湧きやすい状況にあります。

 

この62菌すべてに対応できるものが防カビ塗料と思われがちですが、実は防カビ塗料と呼称していい規定はたったの5菌以上に対応していればOK。以外ですよね。62あるうちの3~5つだけで防カビ塗料と呼んでいいことになっています。

ちなみに、JISが規定するカビの種類は13。下記のものがそれにあたります。

 

 

1

アスペルギルス ニゲル(ニガー)

アスペルギルス ニゲル(ニガー)

アスペルギルス テレウス

ユーロチウム トノヒルム(トナフィラム)

2

ペニシリウム シトリナム

3

ペニシリウム フニクロスム(フュニキュローザム)

4

リゾプス オリゼ

5

クラドスポリウム クラドスポリオイデス

オーレオバシジウム プルランス

グリオクラジウム ビレンス

ケトミウム グロボスム(グロボーサム)

フザリウム モニリホルメ

ミロテシウム ベルカリア

 

みたこともないようなカビばかりですよね。このうち5つに対応できれば「防カビ塗料」という肩書を得ることができます。

月組で使う防カビ塗料はなんと600菌対応!

さて、月組で使用している防カビ塗料ですが、なんと家庭で発生するとされている62菌の約10倍の600菌対応となっています!

そもそものカビが発生する原因に徹底的に働きかけるのがこの数字かわおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

 

特に

・川沿いや山あいなど湿度が高くなりやすい環境にあるお宅

・庭に樹木をたくさん植樹されているお宅

・庭に池があるお宅

・家の近くに側溝があるお宅

・風通しの悪い立地にあるお宅

・木造住宅

等の場合、カビや雑菌が発生しやす住環境・立地となっています。

 

 

さらに、家の下記の部分にカビが発生しやすくなっています。該当箇所近くで異臭がしたり汚れがついていたりする場合はカビの可能性がありますので、早めの対処が必要です。

 

 

気をつけて!カビが発生しやすい箇所4選

 

・北側(日当たりが悪く湿気が溜まりやすいため)

・水回りの裏面外壁部(台所や浴室、トイレの外に面している外壁)

・家の壁の近くに木を植えている箇所

・ベランダや屋上、雨樋付近など雨水が溜まりやすい部分

・周辺の山の斜面や川、池などに面した外壁

 

この防カビ塗料はプロがみてもなかなか判別できないほど、その種類が豊富にあります。もし、あなたがどこかの塗装業者に防カビ塗料を勧められその詳細が知りたいとき、お気軽に月組にお尋ねください。

無理に工事を横取りすることも有りませんし、業者さんと揉めることも有りません。その防カビ塗料がなんであるかを中立的な立場からお伝えさせていただきます。

 

 

防カビ塗料を使う3つのメリット

 

 

防カビ塗料を利用することで下記3つのメリットがあります。

 

メリット1:建物の劣化を防ぐ

防カビ塗料を塗布することでカビや雑菌が発生する原因を大幅に抑えることができます。塗料や建材が長持ちするようになるため、結果建物の劣化を防ぐことができるというメリットがあります。

 

メリット2:建物の美観を保つ

外壁や屋根にカビや雑菌が発生すると市販のカビ取り剤などを使ってもなかなか落ちにくいという特徴があります。防カビ塗料を塗布すれば、家の外観を損なう汚れがつきにくくなりますので、美しい状態の外壁・屋根を長く保つことができます。

 

メリット3:家族の健康を守ることができる

カビや雑菌は呼吸器系疾患を誘発する大きな原因となります。特に、古い木造住宅にご高齢の方が住まわれている場合など、知らないうちにカビや雑菌が健康を害しているケースがあります。小さなお子さまがいる家庭でももちろん同じことが言えます。家族の健康を守るためにも防カビ塗料はおすすめです。

 

 

すでにカビが生えている場合の対処法

 

防カビ塗料はあくまで予防的な意味合いが強く、すでにびっしりと生えたカビを駆除できるものでは有りません。

もし、あなたのお宅の外壁にすでにカビが群青している場合、月組では高圧洗浄や下地処理による駆除防除を行います。

その後、防カビ塗料を塗布することで、カビの発生を抑える効果があります。

 

カビや外壁の汚れにお困りの方はなるべく早くご相談いただいたほうが、結果塗り替え等の見積もりが安く収まるケースが多くなっています。

ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

 

防カビ塗料を用いた施工実績はこちら